モバイル環境

モバイル環境は何を選べばいいの?

Q)モバイル環境は何を選べばいいの?

 

最近仕事で出張が増えてきました。

また趣味で旅行にいくことも多いため、旅先でもインターネットを利用したいのですが、
Wimaxやイーモバイルなど色々あってよく分かりません。

 

何を選べばいいんでしょうか。


A1) Wifiかイーモバイルか?

 

自宅や会社以外の外出先でインターネットと繋ぎたい場合、
いま一般的なのがWimaxとイーモバイルです。

 

Wimaxやイーモバイルは、ルーターという機器をPCに接続するだけで、
無線で外部とインターネットにつながることができてしまう、スグレモノ。

自宅や会社では、光回線やCATVのケーブルを利用してインターネットに接続しますが、
Wimaxやイーモバイルはケーブル不要のため、外出先でもインターネットにアクセスできるのです。

 

Wimaxとイーモバイルの違いですが、
主に

・対応エリアの違い
・接続速度の違い

が挙げられます。

 

Wimaxとイーモバイルを比較すると

・Wimax → 対応エリアが狭く、接続速度が速い
・イーモバイル → 対応エリアが広く、接続速度が劣る

という傾向にあります。

 

Wimax対応エリアが主な活動範囲であればWimaxがおすすめですが、
Wimax非対応エリアの方やその地域によく行かれる場合はイーモバイルのほうがよいでしょう。


A2) 公衆無線LANサービス

 

Wimaxやイーモバイル以外にも、街中でインターネットにアクセスする方法があります。
それが公衆無線LAXサービスです。


これは公共施設や駅、ホテル、飲食店など、多くの人が集まる場所に無線LANのアクセスポイントを設置し、
有料もしくは無料で無線LANを介してインターネット接続できるようにするサービスです。


こちらであればWimaxやイーモバイルのルーターを持っていなくても、
(ノート)PCが無線LAN機能を有していれば、各所に設置されたアクセスポイントから
インターネットを利用することができます。

 

なお多くの場合、これらの無線LANサービスは事前の利用登録が必要となるため、
利用登録をしておきましょう。

 

主要な公衆無線LANサービス(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E8%A1%86%E7%84%A1%E7%B7%9ALAN

 

●ピックアップサイト

車買い取り

 

検索してもなかなか目的のページが見つからない!

 

YahooやGoogleで検索をしても、なかなか目的のページにたどり着けません。
何かコツとかありませんか?

 

A)

検索エンジンは、インターネット上に存在するページを日々収集しているため
膨大なページデータを持っています。

その中から自分が欲しい情報があるページを見つけるのはなかなか難しいですね。

そのため検索エンジン(ここではGoogle)も検索を便利にするための機能を用意しています。

 

■画像や動画、ニュースを探すなら

 

通常Googleで検索をする場合には、そのまま検索窓にキーワードを入力して検索しますね。

ですが、画像や動画、ニュース、ブログ、地図、ショッピングなど、
探す対象が決まっているのであれば、専用の検索を利用しましょう。

 

Googleの検索ページの一番上を見ると、
「ウェブ・画像・動画・地図・ニュース・もっと見る」というメニューがあります。

こちらをクリックすると、それぞれだけを対象にした検索ができます。

画像や写真を探したいのであれば、こちらの画像検索や動画検索がおすすめです。

 

■対象期間を限定する


検索結果の中から面白いページを見つけて訪問してみたら、
かなり昔に作成されたページで情報が古くてがっかりした、という体験はありませんか?

このような手間を省くために便利なのが、「期間指定」機能です。

 

Google検索結果の左側に表示されている、期間指定を利用すると、

1時間以内や24時間以内、1週間以内、1ヶ月以内など、
新しく検索エンジンが収集した分だけを対象にして検索が行えます。

これにより最新の情報を手に入れやすくなります。

 

■いらない言葉を排除する

 

家庭教師ヒットマンREBORNという漫画があります。

試しに「家庭教師」と検索してみると、
この家庭教師ヒットマンREBORNに関するページがたくさん見つかります。
しかし本当に「家庭教師」を探している人からすると、これらのページは不要です。
そんなときは検索結果から「ヒットマンREBORN」を含むページを排除することができます。


その方法は、検索キーワードの「家庭教師」に続けて
「-ヒットマンREBORN」と打ち込んで検索します。

このようにマイナス記号「-」に続けて排除したいキーワードを入れて検索すると、
検索結果からそのキーワードが排除されて表示され、結果が見やすくなります。

 

■ ””で確実にキーワードを探す

 

検索エンジンは、検索結果の幅を拡げるために、
検索キーワードの一部が含まれているページも表示します。
これにより検索結果が見にくい場合は、検索キーワードを””で囲ってあげましょう。
(”プロ家庭教師”)
こうすることで、検索結果は”プロ家庭教師”を含むページしか表示しなくなります。

 

■うろ覚えの時は「*」

 

キーワードの一部しか覚えてない場合はワイルドカード「*」を利用します。
「渋谷○○株式会社」だったんだけど、、、という場合には、
「渋谷*株式会社」と検索すれば、渋谷○○株式会社の条件に当てはまる検索結果が
表示されます。


コンテンツ一覧